サンロースターの沿革

1987年に純炭火方弁E(珪藻土丁E��と炭火の絁E��合わせによる) の無煙ロースターを発売し、テーブル面での火力調節を可能とするメンブレンシートをロースターで初めて採用しました、E
ガス着火炭火方式とは一線を画した焼き味と機構によって評価を博し、後に炭火式でありながら着火に手間取らなぁE��ンタチE��操作�E電気式着火裁E��を付加させ改良を重ねた結果、安定した着火と耐乁E��の優れた裁E��となり今日に至りました、E

炭火式ロースターはガスを併用せず (ガス臭が炭火の香�Eしさをなくす為)、オガ炭めE2�E�E段横積みにして炎を立てることなく�Eエネルギーの大きな焼き面で強火の遠火として “備長炭効果 Eの炙り焼きを可能とした本物を提供しております、E
純炭火方式�E大型チェーン店でご採用を頂き、�E店�Eが繁盛店として店�EサービスめE��ニュー開発と相俟って「繁盛の一役を担ぁE��ースター」との絶賛を博しております、E

新たな熱源として、スイチE��ひとつで立ちあがりが速く、突�E電流がなく、E��赤外線を放封E��るカーボンランプヒーターに着目し、絶対のパワーと安定した温度刁E��E�E実現によって新電気式グリラーの開発に成功、大手屁E�E屋チェーン店様よりお墨付きを賜りました、E
業務用のグリラーはピ�Eク時において安定した焼き味で、より早く仕上がめE(速くきれぁE��焼けるほど美味しい) 事が生命であり、E��回転玁E��よって売上増を導き出すこと請け合いです、E

同方式�E新電気ロースターは蓁E�E性が高く、温度刁E��E�E安定した鋳鉁E��採用し、渁E��性の良ぁE���EチE��ホ�Eロー処琁E��施し、「速くきれぁE��焼けて炭化しなぁE��との好評を得ております、E

ガスロースターは特に安�E第一を念頭において開発し、財団法人日本ガス機器検査協会�E安�E基準をクリアして適合機�E認証を取得しました、E
安�Eに対する認識�Eガスに留まらず全啁E��に反映 (電気式�E電気用品安�E法に基づく�E主検査を実施) させており、安忁E��て末永くご使用願える様、細忁E�E注意を払って世に送り出しております、E