電気着火式炭火ロースター

電気着火式炭火ロースター SRM-342

形弁E/div>
SRM-342
方弁E/div>
電気着火炭火式無煙ロースター (下引き排氁E
着火裁E��
特殊ヒーター冁E��タイマ�E制御弁E1kW / 100V 15刁E
火おこしファン
シロチE��ファンモータ クマトリ垁Ebr />二種 20W / 100V
製品寸況E(mm)
標準タイチE(幁E1200 ÁE奥衁E800 ÁE高さ 700)
本体寸況E(mm)
幁E780 ÁE奥衁E420 (320) ÁE高さ 660
器具静圧
167Pa (17mmH2O)
標準使用時での 1台当り
排気風釁E/div>
5.5m3 / min
冷房負荷
4.06kW / 1台当り
(外氁E31 ºC 湿度 75% /
室冁E26 ºC 湿度 50% の晁E
ダクト接綁E/div>
ø 125
防火ダンパ�E
180 ºC バタフライダンパ�E (FVD)
消費釁E/div>
紁E4.07kW (3500kcal / h)
質釁E/div>
紁E28.3kg (本佁E13.5kg /
キャビネチE�� 14.8kg)
三面図
 

ガスを用ぁE��に炭への着火を電気により実現した本格炭火ロースターです、E
15刁E�Eタイマ�E設定により、強力な熱風を炭 (オガ炭) に当てて着火させ、E5刁E��過後に熱風が�E動的に送E��に刁E��換わって焼ぁE��ぁE��だける状態となります、E
こ�E時間設定�E天候によって炭の状態が変わっても確実に着火させる為で、目視による着火の確認によってタイマ�Eモード中でも任意に熱風を送E��に刁E��換えることが�E来ます、E

電気着火式なので炭は「備長炭効果」を出す為に横向きに置ぁE��、ぎっしりと積み込めます、Eガス式では出来なぁE��彁E そ�E結果、大きな熱エネルギーとなって強火の遠火で炙り焼きが可能となります、E
海鮮焼きで貝を焼く場合には炭をより多くすることも可能です、Eオプションのスペ�Eサーを用ぁE��ぁE

Q & A (よくある質問�E回筁E ››